住宅ローン減税を受けるための最低限の条件教えます


住宅ローンはとても高額な金額が動くため、多くの方が少しでも減税を受けて総支払い金額を減らしたいと考えていると思います。

住宅ローン減税とは、一定条件を満たしたモイホームを購入・リフォームするために住宅ローンを借りると、住宅ローンの残高に応じて税金の一部が戻ってくる制度を指しますひらめき

住宅ローン減税を受けるための最低限の条件教えます

確定申告で手続きをすると年末残高の1%に当たる金額を、10年間税金から差し引くことができますひらめき

また、景気対策の一環で、2009年から控除の対象額が大幅にアップしました。対象となる住宅ローンの金額は入居する年度によっても異なるのですが、一般的な住宅に2011年に入居した場合は、最大で4000万円までとなります

この制度をフル活用できれば、最大で4000万円の1%、つまり40万円が毎年の税金から払い戻されることとなり、10年間で合計400万円の得をすることになりますexclamation×2

そんな制度があるなら私も適用したいと思う人も多いと思います。
そこで今回は、住宅ローン減税条件について紹介したいとおいもいます。

まずは、一般の住宅の場合
・控除対象の借入れ金額の額:返済期間10年以上の住宅ローン残高

対象住宅
1.住宅の新築・取得
2.住宅の取得とともにする敷地の取得
3.一定の増改築
床面積が50u以上あること。
一戸建て・共同住宅などを問わない中古の場合は、築20年以内(耐火建築物は25年以内)または地震に対して、一定の技術水準に適合すること。

対象となる人:平成21年から平成25年に入居した人

控除期間:入居から10年間

所得:年収3000万円以下

期限:平成25年12月末日

といった条件を満たせば、住宅ローンでの減税として最大10年間で400万円の控除を受ける事が可能となります。

次回は、住宅ローンで最大限に控除をうける場合の事例を紹介したいと思いますわーい(嬉しい顔)
posted by 余計なお金を使わない住宅ローン選び at | 購入後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXと外貨預金の違い