住宅ローンで買い替えローンで知っておくべきメリットとデメリット


私の周りでは新築住宅を購入した後に、買い替えを行う方はあまり多くないので、住宅ローンでの買い替えローンと言うローンがあるのことすら知らない方も多いです。

そのせいもあってか、買い替えローンを行う場合のメリットデメリットについてあまり理解している方が少ないように感じます。

今回は、マイホームの買い替えの時に困らないようにするために、住宅ローン買い替えローンメリットデメリットについて紹介したいと思いますわーい(嬉しい顔)

まず、買い替えローンについて簡単に説明しておきます。
仮に今の持ち家が担保割れをおこしている場合に、差額分の預貯金がなければ、売るに売れない状態になるります。

その場合に持ち家のローン残債を支払うのに不足する金額にたいして、不足分の金額を金融期間から借入れてローンで返済するローンと、これから買う家の購入資金を合わせて融資してくれる住宅ローンを指します。

一般的な住宅ローン物件価格の8割程度を融資しています
その住宅ローンに対して、買い替えローンには 返済中のローンを完済するための費用も上乗せされているため、買い替え先の物件価格以上の資金を借りることができます。この点はメリットと言えます。

しかしその分、収入基準などの審査が通常の住宅ローンより厳しくなってしまうので、この点に関してはデメリットとなります。

住宅ローン買い替えローンを利用する場合は、不動産産業者の提携ローンを利用したり、銀行と提携している不動産業者を利用したりして窓口を一本化しておくと、手続きがスムーズに進むのでやっておきましょうひらめき

住宅ローン買い替えローンを利用する場合でも、メリットデメリットやポイントがありますのできちんと抑えてから組むようにしましょう。
posted by 余計なお金を使わない住宅ローン選び at | 購入後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXと外貨預金の違い